糖尿病コラム

ストレスによる糖尿病の悪化を予防するために知っておきたいこと

糖尿病というと、多くの人が食事や運動習慣が関係しているということをイメージされるのではないでしょうか。

周知の事実、糖尿病は食生活や運動習慣も大いに関係のある病気です。


しかし、糖尿病にはストレスも大きく関係しているということは意外と知られていません。
ストレスを放置すると糖尿病の発症の引き金になったり、すでに罹っている糖尿病の症状の悪化につながったりすることもあるのです。
なぜストレスと糖尿病に関係があるのか、糖尿病の悪化を防ぐためにはどのようにしたら良いのかを、分かりやすくご紹介していきます。


ストレスが糖尿病の原因になるってどういうこと?

まず、ストレスと糖尿病の関係について説明します。


緊張や不安などのストレスがあるときに、胸がどきどき(心拍数が増加)したり血圧が上がったりした経験はないでしょうか。
この現象は、ストレスによって分泌されたアドレナリンやコルチゾールというホルモンが影響しています。
加えて、実はこの2つのホルモンは、心拍数の増加や血圧の上昇以外にも、血糖値を上昇させる作用があるのです。


糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度、すなわち血糖値が慢性的に高い状態のときに診断されます。
普段は余分なブドウ糖は筋肉などの細胞に蓄えられていますが、ストレスによりアドレナリンやコルチゾールが多量に分泌されると、蓄えられたブドウ糖が血液中に放出され、血糖値が上昇してしまいます。

上昇した血糖値は、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンにより下げることができますが、ストレスは上記の2つのホルモンを分泌させて、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きを悪くしてしまいます。
身体が血糖値の高い状態に反応してインスリンを分泌しても、血糖値が下がりにくくなってしまうのです。

慢性的にストレスを受けている状態が続くと、血糖値も慢性的に高い状態が続くことになり、糖尿病になりやすい状態になるのです。


ストレスが糖尿病の症状を悪化させるのはどうして?

先述のとおり、ストレスによって血糖値が高い状態になってしまうことが、糖尿病を悪化させる一因となります。
また、糖尿病の主な治療は食事や運動などの生活習慣の見直しにあります。

しかし、ストレスが溜まるとどうしてもお酒の飲む量が増えたり、甘いものが食べたくなったり、暴飲暴食につながりやすくなります。
運動においても、運動がストレス解消になるタイプの人であれば問題ありませんが、ストレスによるイライラで運動することが億劫になり、中断につながることもあるでしょう。
ストレス自体が血糖値を上昇させてしまうだけでなく、ストレスによって食生活や運動習慣の乱れが生じ、治療に悪影響を与え糖尿病を悪化させてしまうのです。


ストレスを溜めないようにするには?

私たちの普段の生活には、仕事や家庭・友人関係などさまざまな悩みによってストレスを受けることがあります。

さらに、糖尿病の治療においてはそういった日常生活で生じるストレス以外にも、食生活や運動習慣の見直しといった今までのライフスタイルを変えないといけないことによるストレス、糖尿病の症状によるストレス、病気が悪化してしまうのではないかという不安からくるストレス・・・さまざまなストレスが起こりやすい状態と言えます。


では、どのようにしたら過度なストレスを溜めずに生活することができるのでしょうか。

飲酒や食べること以外でのストレス発散方法を見つけることが大切です。
好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、ドライブに出かけたりしましょう。
人によっては誰かに話を聞いてもらうことで自分の気持ちを吐き出し解決方法が見いだせたり、聞いてもらうこと自体で気持ちがスッキリすることもあるでしょう。


また文字にすることで気持ちが整理できるので、簡単な日記を付けることはおすすめです。
自分が今までストレスを受けたときにはどのように対処してきたのか、自分に適した方法は何かということを、ストレスにさらされていない状態の時に考えてみましょう。


また、病院によっては「糖尿病の患者の会(http://www.nittokyo.or.jp/jadec_db/index.php?search_type=3)」 といったものを開催しているところも増えています。

病院によって内容はさまざまですが、医師や看護師、栄養士からの糖尿病の治療に関する説明を聞けたり、糖尿病患者さん同士で意見交換ができたりします。

病気を持っている人との交流は、不安な気持ちの共有ができたり、頑張っているのは自分だけではないということを感じることができて、前向きになれたりリフレッシュできることも多いものです。


糖尿病の悪化を予防するためには、ストレスを溜めこまない生活を送ることが大切

生活していく中で、全くストレスのない生活を送るのはあり得ないことと言っても良いでしょう。
しかし、これまで説明してきたように、ストレスは糖尿病に悪影響をもたらします。
自分に合ったストレスの発散方法をみつけて、ストレスを溜めこまない生活を送るよう心掛けましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP