糖尿病最新情報

[糖尿病ニュース]スイーツは食べる時間で血糖値が変わる!?

糖尿病患者さんや、メタボリックシンドロームが気になる方も食べたいのがスイーツ。
今回、そんなスイーツ好きの方に知っていただきたい最新ニュースを2本ご紹介しましょう。



メタボ、糖尿病で常識覆す研究 スイーツは「昼」より「3時」


この研究は、大阪府立大学の今井佐恵子教授らのグループが進め、5月に開催された日本糖尿病学会年次学術集会で発表。今井教授らは2014年2月、2型糖尿病患者20人を対象に、「間食」として設定したビスケット3枚を食べてもらい、血糖値の上昇を観察する臨床研究を実施した。対象者全員に、2日間に分けて昼食に続く午後0時半と、午後3時台にそれぞれビスケットを3枚食べてもらった結果、午後0時半に食べた方が食後の血糖値が上昇し、血糖値の変動の幅も大きいことがわかりましたた。

つまり、昼食直後に比べ、昼食が終わって少し時間をおいた3時台にスイーツを食べた方が血糖値の上昇が抑えられたということです。
糖尿病の食事療法では間食(おやつ)は食事と続けて食べるようにという指導が一般的なので、そのような指導を受けている方にとっては、注目すべき研究ではないでしょうか?


また、このニュースの大阪府立大の今井佐恵子教授によると、「メタボや糖尿病予備軍の人は夕食後の間食も控え、間食を取るのなら夕食時よりも午後3時台に一本化した方が良い」とのことです。


食事療法をしている方にとってはうれしいニュースではありますが、実際に今食事療法をしている方は独断で判断するのではなく、必ず担当の医師や管理栄養士の判断にしたがい適切な食事療法を行うようにしましょう。



食品の糖分を知ろう スムージーやグラノーラにも注意



一般的にヘルシーと呼ばれているもの、低カロリーといわれているものにも、糖分が多く含まれているものはたくさんあります。
このニュースではそんなヘルシーなイメージを覆す糖分が多い食べ物について掲載しています。


例えば、最近はやっているスムージーやグラノーラ。
流行に敏感な女性の方は大好きなのではないでしょうか?
しかしこれらは、どんな材料を使っているかわかりにくいのが欠点です。
様々な種類のフルーツがたくさんでビタミンや食物繊維がたっぷり摂取できるので健康的、と思われがちですが、フルーツの中には糖分が多いものもあり、スムージーはさらに糖分を加えている場合が多いので注意が必要です。
また、グラノーラは穀物と砂糖や植物脂などを混ぜて作られているため、カロリーが高いものが多くあります。
スムージーやグラノーラは、健康に良いというキャッチコピーがついているものが多いですが、購入する際には栄養表示を確認するとよいでしょう。


最後に

いかがでしたか?


実際に食事療法を行っている方が独断で治療法を変えることは厳禁ですが、こういった知識をもっていることで、医師や管理栄養士と納得いくまで話すこともできますので、最新ニュースはチェックしておくとよいでしょう。


参照・参考
メタボ、糖尿病で常識覆す研究 スイーツは「昼」より「3時」:イザ!
“Sugar is the new tobacco” says expert – Articles – Institute of Psychology Health and Society – University of Liverpool

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

卵は体に良い!?糖尿病患者さんにうれしい最新研究結果

「卵(鶏卵)は1日1個まで」「卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くない」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。 糖尿病患者さんはコレステロール値も注意しなければならない ...

【PR】1日1万歩が目標!ウォーキングプロジェクトの取り組み

糖尿病患者さんのためのあらゆる情報発信を行う「糖尿病とうまくつきあう」を運営するサンスター社がこの度、その取り組みの一環として「Good Walking Project(以下、GWP)~みんなで歩いて ...

ヨーグルトは、花粉症にも糖尿病にも効く!?

厳しい寒さが次第に緩んで、ようやく春の気配を感じられるようになるとやってくる花粉の季節。花粉症の方にとっては何ともつらい季節です。 マスクやメガネ、薬など、さまざまな対策がありますが、最近注目されて ...

「夜の出勤」が糖尿病へのリスクを高める!?

日本のサラリーマンの働き方もフレックスタイム制度や裁量労働制など、最近は随分と増えてきました。 ノー残業デーなどを実施している企業もよく耳にしますよね。 ただその中で、シフト制で働く必要があり、夜 ...

糖尿病治療の最新動向!データから見る新たな合併症の罹患リスク

1889年、ドイツで膵臓を摘出した犬がもれなく糖尿病に罹るということがわかり、膵臓と糖尿病との関係が指摘されて以来、人においても治療に関する研究が世界各地で行われるようになり、現在でも研究が続いていま ...

全国でイベントが開催!2014年世界糖尿病デー

来る11月14日は「世界糖尿病デー」です。 日本だけでなく、世界中のあちこちで様々なイベントが開催されます。 ですが、世界糖尿病デーとは何なのか、どんなイベントが行われるのか、あまり知らない方もい ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病最新情報

最新記事

PAGETOP