糖尿病コラム

見逃しやすい!糖尿病合併症による足病変「シャルコー足」とは?


セルフチェックでシャルコー足を予防しよう!

シャルコー足は神経障害に起因するため、痛みを感じる知覚神経もダメージを受けており、自覚しにくく見逃されやすいようです。

けれども、シャルコー足を放置しておくと、足の切断のリスクも高くなります。以下を参考に、自宅でセルフチェックしてみましょう。


<シャルコー足を見逃さない!自宅でできる簡単セルフチェック>

  • 足の痛み
  • 足に熱感がある
  • 足が腫れている
  • 足のむくみがある
  • 足にタコやマメがある
  • 足の爪が巻き爪になっている
  • 水虫がある

足病変を回避しよう!毎日のケア方法とは?

シャルコー足を起こしやすい神経の損傷は、外傷が原因の場合もありますが、糖尿病により高血糖状態が続くことも原因となります。高血糖によって血管に負担がかかり、細い血管の集中する足にさまざまな症状が起きてしまうのです。


神経障害のリスクが大きい糖尿病患者さんは、シャルコー足のリスクも高いため、異変を感じたら早めに医療機関を受診することが大切です。
そのためにも、自分の足の状態の変化に気づけるように、定期的なセルフチェックを行うほか、次のような点に注意しましょう。

  • 専門家のアドバイスのもと、自分の足のサイズにあった靴や靴下を履く
  • 靴を履く前に小石などの異物が靴に入っていないか確かめてから履く
  • 毎日足を清潔にし、皮膚が乾燥しないように保湿クリームを塗る
  • 深爪にしない
  • 血糖コントロールを良好に保つ
  • フットケア指導のある専門医療機関を定期的に受診する

血糖コントロール、フットケア、定期健診の3つが大切

自覚症状に乏しいシャルコー足は、放置すると最悪の場合、足の切断に至るリスクも考えられます。しかし、普段からフットケアやセルフチェックを行っていれば予防は可能ですし、異変に気付いたらすぐに医療機関で診察を受ければ、発症しても症状が進行する前に治療することができます。

また、シャルコー足の予防に最も大切なことは血糖コントロールです。良好な血糖コントロールを保つことで糖尿病神経障害のリスクを抑えられます。


まずは、糖尿病治療の基本となる血糖コントロールと、医療機関で定期的な検査や診察をきちんとしていくようにしましょう。

1 2 3

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

糖尿病患者さんが発症しやすい「関節リウマチ」について

リウマチというと、高齢の方に多いイメージをもつ方も多いかもしれません。けれども、リウマチ性疾患の1つである関節リウマチは、40代前後に発病する可能性が高く、年齢だけで安心できるものではありませ ...

ヨーグルトを食べてインフルエンザ対策! ヨーグルトのインフルエンザ予防効果とは

空気が乾燥し、寒くなる冬の時期。風邪はもちろんですが、インフルエンザの流行シーズンでもあります。そこで今回は、日頃から心がけたいインフルエンザの予防法とともに、インフルエンザの予防を助ける食品として注 ...

冷え対策にウォーキング! 寒い季節の注意点とは?

冬本番を迎え、寒さが厳しい季節になってきました。みなさんは体の冷えに悩まされていませんか? 筋肉量を増やすことは、冷え対策としても有効です。 今回は寒い季節に体を温める方法を、ウォーキングなどの運 ...

トランス脂肪酸の摂りすぎには要注意! いますぐ食事内容を見直そう

「トランス脂肪酸が身体に有害」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?実際に、トランス脂肪酸を規制する風潮は世界的にも広がりつつあります。今回は、トランス脂肪酸がどのよ ...

視力の低下を引き起こす「糖尿病黄斑症」と糖尿病の関係は?

「黄斑症」という症状をご存知でしょうか?これは、網膜の中の「黄斑」という部分に生じる視覚障害であり、中でも糖尿病が原因で生じる黄斑症は「糖尿病黄斑症」と呼ばれています。ここでは、糖尿病 ...

食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?

スーパーマーケットやコンビニに並んでいるおやつを見ると、つい手が伸びてしまうことがあると思います。ですが、おやつはカロリーが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

セルフチェック

最新記事

PAGETOP