見逃しやすい!糖尿病合併症による足病変「シャルコー足」とは?

セルフチェックでシャルコー足を予防しよう!

シャルコー足は神経障害に起因するため、痛みを感じる知覚神経もダメージを受けており、自覚しにくく見逃されやすいようです。

けれども、シャルコー足を放置しておくと、足の切断のリスクも高くなります。以下を参考に、自宅でセルフチェックしてみましょう。

<シャルコー足を見逃さない!自宅でできる簡単セルフチェック>

  • 足の痛み
  • 足に熱感がある
  • 足が腫れている
  • 足のむくみがある
  • 足にタコやマメがある
  • 足の爪が巻き爪になっている
  • 水虫がある

足病変を回避しよう!毎日のケア方法とは?

シャルコー足を起こしやすい神経の損傷は、外傷が原因の場合もありますが、糖尿病により高血糖状態が続くことも原因となります。高血糖によって血管に負担がかかり、細い血管の集中する足にさまざまな症状が起きてしまうのです。

神経障害のリスクが大きい糖尿病患者さんは、シャルコー足のリスクも高いため、異変を感じたら早めに医療機関を受診することが大切です。
そのためにも、自分の足の状態の変化に気づけるように、定期的なセルフチェックを行うほか、次のような点に注意しましょう。

  • 専門家のアドバイスのもと、自分の足のサイズにあった靴や靴下を履く
  • 靴を履く前に小石などの異物が靴に入っていないか確かめてから履く
  • 毎日足を清潔にし、皮膚が乾燥しないように保湿クリームを塗る
  • 深爪にしない
  • 血糖コントロールを良好に保つ
  • フットケア指導のある専門医療機関を定期的に受診する

血糖コントロール、フットケア、定期健診の3つが大切

自覚症状に乏しいシャルコー足は、放置すると最悪の場合、足の切断に至るリスクも考えられます。しかし、普段からフットケアやセルフチェックを行っていれば予防は可能ですし、異変に気付いたらすぐに医療機関で診察を受ければ、発症しても症状が進行する前に治療することができます。

また、シャルコー足の予防に最も大切なことは血糖コントロールです。良好な血糖コントロールを保つことで糖尿病神経障害のリスクを抑えられます。

まずは、糖尿病治療の基本となる血糖コントロールと、医療機関で定期的な検査や診察をきちんとしていくようにしましょう。

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖