糖尿病コラム

食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?


おやつのカロリーを気にする人は多い!

小腹がすいたときや口寂しいときに食べたくなるおやつですが、気をつけないとカロリーが高いものも。実際に、おやつを選ぶ際にカロリーを気にしている人は多いようです。

2013年にWEBで行われたおやつに関するアンケート調査によると、新商品や限定品のおやつを買いたくなるワードとして「カロリー控えめ」や「甘さ控えめ」が多かったそうです。我慢するのもストレスになるけど、健康にも気をくばりたい……選ぶなら、カロリーコントロールがしやすいものを、という現代日本人の志向が見える結果といえそうですね。

間食に人気のチョコレート

2010年に行われた間食に関する別のアンケート調査で、間食のおやつとして人気を集めたのがチョコレート。男女別の調査では、男性が間食に最もよく食べるおやつの3位、女性が間食に最もよく食べるおやつの1位がチョコレートでした。

男女ともに人気のチョコレートですが、気になるカロリーはどのくらいなのでしょうか?

一般的なチョコレートのカロリーを調べてみました。

・カバーリングチョコレート…511kcal(100gあたり)
・ホワイトチョコレート…588kcal(100gあたり)
・ミルクチョコレート…558kcal(100gあたり)
・アーモンドチョコレート…583kcal(100gあたり)
(文部科学省 食品成分データベースより)

一般的な板チョコレートが45〜55gですから、1枚食べると約280kcal。ごはん1膳(150g/252kcal)以上のカロリーになってしまいます。食べ過ぎないように注意が必要と言えそうです。

一方で、チョコレートやチョコレート風味のおやつの中にもカロリーを抑えたり、コントロールしやすいものも増えています。以下に100gあたり500kcal以下のチョコレート菓子をいくつかピックアップしてみました。

・ロッテ ZERO…48kcal(1本10gあたり)
・グリコ 極細ポッキー…180kcal(1袋35.5gあたり)
・チロルチョコ コーヒーヌガー…49kcal(1個12gあたり)

これらは、カロリーそのものが控えめになっていたり、個包装や少量包装にしたりして、食べ過ぎを防ぐ工夫がなされています。舌でも、目でも満足感を得やすいと言えるでしょう。

ちょっと疲れたときなど、つい手が伸びてしまうおやつ。カロリーや糖質を気にしつつ、満足感の得やすいアイテムを選ぶことがポイントと言えそうです。

参照・参考
バルクのマーケティングリサーチ・市場調査│Vol.73 お菓子に関する調査(2013)
ネットリサーチティムスドライブ│『間食』に関するアンケート

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

その他の記事

リバウンドは心血管疾患の発症リスク。ダイエットの注意点とは?

肥満や過体重は、2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などの発症リスクを高めます。こうしたリスクを回避するために、肥満や過体重に悩んでいる人は、適正な体重コントロールをすることが重要です。しかし、ダイエットで ...

どうしても食べたい時に! 糖質控えめインスタントラーメン!

時にはどうしても食べたくなってしまうインスタントラーメンですが、糖質が気になる食品のひとつ。でも、我慢しすぎてストレスになっては元も子もありません。そこで今回は、どうしても食べたい時に頼りになる、糖質 ...

どうしても気になるコンビニスイーツ。食べるなら低糖質のものを!

毎週のように新作が登場するコンビニスイーツ。仕事の帰りにふらりと立ち寄り、ついついスイーツコーナーに手が伸びる……という人も多いかもしれません。そこで今回は、コンビニスイーツの上手なつきあい方を紹介い ...

あじさいの季節、古都鎌倉を散策しよう! あじさいを楽しめる寺カフェ3選

しとしとと嫌な雨が続く梅雨ですが、あじさいが見ごろを迎える季節でもあります。あじさいの咲き誇る趣のある街並を、お気に入りの傘をさして散策してみるのも楽しいですよね。そこで今回は、古都・鎌倉のあじさいス ...

地球温暖化にも関連が!? 気温上昇で糖尿病患者が増加する理由とは?

地球温暖化が問題視されてから久しいですが、最近、気温の上昇が糖尿病の発症率に影響を及ぼすという驚きの研究結果が発表されました。 気温が上がることによって、人体にはどのような影響があるのでしょうか ...

1時間以上で糖尿病発症リスクが上がる!? 昼寝は30分以内に!

昼寝は、午後の仕事効率を上げるのに効果的だとされていますが、実は、長時間の昼寝が糖尿病の発症リスクを高める可能性があるという研究もあります。 では、昼寝は何分程度行うのが理想的なのでしょうか? ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP