食べたいけどカロリーが気になる… カロリー控えめのおやつは?

おやつのカロリーを気にする人は多い!

小腹がすいたときや口寂しいときに食べたくなるおやつですが、気をつけないとカロリーが高いものも。実際に、おやつを選ぶ際にカロリーを気にしている人は多いようです。

2013年にWEBで行われたおやつに関するアンケート調査によると、新商品や限定品のおやつを買いたくなるワードとして「カロリー控えめ」や「甘さ控えめ」が多かったそうです。我慢するのもストレスになるけど、健康にも気をくばりたい……選ぶなら、カロリーコントロールがしやすいものを、という現代日本人の志向が見える結果といえそうですね。

間食に人気のチョコレート

2010年に行われた間食に関する別のアンケート調査で、間食のおやつとして人気を集めたのがチョコレート。男女別の調査では、男性が間食に最もよく食べるおやつの3位、女性が間食に最もよく食べるおやつの1位がチョコレートでした。

男女ともに人気のチョコレートですが、気になるカロリーはどのくらいなのでしょうか?

一般的なチョコレートのカロリーを調べてみました。

・カバーリングチョコレート…511kcal(100gあたり)
・ホワイトチョコレート…588kcal(100gあたり)
・ミルクチョコレート…558kcal(100gあたり)
・アーモンドチョコレート…583kcal(100gあたり)
(文部科学省 食品成分データベースより)

一般的な板チョコレートが45〜55gですから、1枚食べると約280kcal。ごはん1膳(150g/252kcal)以上のカロリーになってしまいます。食べ過ぎないように注意が必要と言えそうです。

一方で、チョコレートやチョコレート風味のおやつの中にもカロリーを抑えたり、コントロールしやすいものも増えています。以下に100gあたり500kcal以下のチョコレート菓子をいくつかピックアップしてみました。

・ロッテ ZERO…48kcal(1本10gあたり)
・グリコ 極細ポッキー…180kcal(1袋35.5gあたり)
・チロルチョコ コーヒーヌガー…49kcal(1個12gあたり)

これらは、カロリーそのものが控えめになっていたり、個包装や少量包装にしたりして、食べ過ぎを防ぐ工夫がなされています。舌でも、目でも満足感を得やすいと言えるでしょう。

ちょっと疲れたときなど、つい手が伸びてしまうおやつ。カロリーや糖質を気にしつつ、満足感の得やすいアイテムを選ぶことがポイントと言えそうです。

参照・参考
バルクのマーケティングリサーチ・市場調査│Vol.73 お菓子に関する調査(2013)
ネットリサーチティムスドライブ│『間食』に関するアンケート

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖