糖尿病コラム

カフェインは体に悪い?!カフェインの働きとノンカフェインの飲み物

「カフェイン」と言えば、コーヒーを連想する人が多いのではないでしょうか。
もちろんコーヒーにはカフェインが多く含まれますが、その他にも緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなど、さまざまなものにカフェインは含まれています。


また、カフェイン健康説・不健康説、どちらもあるようですが、実際のところカフェインにはどのような働きがあるのでしょうか。


医薬品にも使われるカフェイン。主な働きは?

カフェインは眠気・倦怠感などに効果があるため、医薬品としても使われています。


○カフェインの主な作用

  • 覚醒作用(眠気を覚ます、脳を活性化する)
  •  
  • 皮下脂肪燃焼効果
  •  
  • 利尿作用 など


カフェインの作用は、摂取した状況にもよりますが、およそ30~1時間で効き始め、約2時間~4時間半継続します。
目覚めのコーヒー、午後の会議前のコーヒーなどは、シャキッと体を覚まして作業効率を上げるため効果的であると言えます。


また、カフェインは利尿作用が高いため、水分補給としてカフェイン入りの飲み物を飲むのは効果的ではありません。


カフェイン中毒って?カフェインの副作用

一方で、カフェインの摂り過ぎは健康を害することがあります。


○カフェインの主な副作用
 
  • 胃液の分泌を促すため、胃を荒らしてしまう。
  • 鉄分や亜鉛などのミネラルの吸収を阻害するため貧血を起こしやすくなる。
  • 神経が興奮状態になることによって自律神経が乱れ、血圧が高い状態が続いたり、眠りが浅くなる。 など

また、カフェインの過剰摂取により、「カフェイン中毒」と呼ばれる状態に陥ることもあります。
一度に多量を摂取した場合に起こる「急性中毒」と、長期間多くのカフェインを摂取し続けたことによって起こる「慢性中毒」があり、どちらもカフェインが神経に作用して起こります。
多くのケースの慢性中毒では、焦燥感や神経過敏、興奮、不眠、頻尿などの症状が表れます。


カフェインの摂取を断つと、頭痛や眠気、集中力の低下などが起こりますが、タバコやアルコールなどと比べてカフェイン断ちは容易に行えると言われています。


カフェインの含有量が多い飲み物は?

冒頭にもある通り、カフェインを多く含んでいる飲み物はコーヒーだけではありません。
下の表はあくまで参考ですが、飲み物各種のカフェイン含有量を示したものです。
栄養ドリンクや缶コーヒーには少量でも多くのカフェインを含んでいることがあるので、成分表示や企業HPなどでカフェイン含有量をチェックしてみると良いでしょう。


コーヒー表1

ノンカフェイン!お茶やコーヒーでもカフェインが入っていないものもある!

ノンカフェインコーヒーのことを「デカフェ」ということをご存じでしょうか。
妊娠中などでカフェインを控えている方のために、コーヒーチェーン店などでカフェイン抜きのデカフェが販売されるようになりました。
またコーヒーだけではなく紅茶などでもカフェインを除いたものもあるので、チェックしてみましょう。


「たんぽぽコーヒー」はたんぽぽの根を焙煎して作られるため、厳密にはコーヒーではありませんが、風味や見た目がそっくりなためこう呼ばれています。
コーヒーは好きだけれどカフェインを控えたいといった場合には、デカフェやたんぽぽコーヒーなどがおすすめです。


○ノンカフェイン、またはカフェインがごく少量の飲み物
 
  • ノンカフェインコーヒー(デカフェ)
  • ノンカフェイン紅茶
  • たんぽぽコーヒー
  • そば茶
  • ゆず茶
  • 麦茶
  • 黒豆茶
  • 杜仲茶
  • ルイボス茶 など

適量なら眠気冷ましに効果あり!でも摂り過ぎには注意して

コーヒー1杯程度で、眠気覚ましや集中力アップが期待できるのはカフェイン摂取のメリットと言えます。
しかし、副作用が現れるほどの飲み過ぎは避けた方が良いでしょう。


現在日本では、カフェインの摂取量の規定や目安は設けられていませんが、コーヒーやお茶にもノンカフェインのものはたくさんありますので、そういったものを利用してカフェインの摂り過ぎにならないよう注意していきたいものですね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP