糖尿病最新情報

【PR】1日1万歩が目標!ウォーキングプロジェクトの取り組み

糖尿病患者さんのためのあらゆる情報発信を行う「糖尿病とうまくつきあう」を運営するサンスター社がこの度、その取り組みの一環として「Good Walking Project(以下、GWP)~みんなで歩いて陸前高田に桜の苗木を贈ろう~」というプロジェクトを行いました。

糖尿病患者さんの運動療法を応援することが、東日本大震災の被災地に桜の苗木を贈ることにつながるという形で昨年10月に始まったものです。
その概要はプロジェクト参加者がウォーキングを行い、その歩数をweb上から登録し、参加者同士の歩数を共有し、その合計歩数5,000,000歩ごとに、桜の苗木が1本贈られるというものです。


GWP1

期間:2014年10月30日から2015年2月6日(100日間)
参加者:62名
累計歩数:12,298,749歩
参加者の期間中の歩数は累計で12,298,749歩。歩数の繰上げによって、今回は3本の桜の苗木を陸前高田に贈るという結果になりました。


GWP2

GWP3

◎サンスター『糖尿病とうまくつきあう』サイトの活動
みんなで歩いて陸前高田に桜の苗木を贈ろう
http://jp.sunstar.com/company/press/2015/0305_2.html


1日1万歩を目指そう!日々のウォーキング

糖尿病患者さんに限らず、日々の適度な運動は、健康維持や生活習慣病の予防に効果的です。
しかし、厚生労働省の調べによると、成人全体の5割ほどしか健康のために日々意識的に運動しているは人いないそうです。
より意識的に日々の運動を増やすことが必要と言われています。

運動の中でも、気軽に取り組むことができ、効果的な有酸素運動であるウォーキングはおすすめです。
厚生労働省が掲げている目標は、1日1万歩。
なぜかというと、運動によって1日に消費すべきカロリー目標は300kcal程度で、そのカロリーを消費するにはおよそ1万歩の運動量が必要というわけです。

ウォーキングにはその他にもさまざまな健康効果が期待できます。


◆ウォーキングの健康効果

  • 動脈硬化の予防につながる
     (「糖尿病ニュース」https://jp.diabetes.sunstar.com/basics/20150209.html
  • 高血圧、脂質異常症の改善が見込める
  • 食後にウォーキングを行うことで、食後高血糖が防げる
  • エネルギーを消費するので、肥満を予防・解消効果が期待できる
  • インスリンの効きを良くする(インスリン抵抗性の改善)
  • 筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、太りにくい体になる
  • 心肺機能が上がり、体力がつく
  • 気分のリフレッシュができ、ストレス発散できる       など

日々継続することが重要!

今まで運動習慣のなかった人にとっては歩くだけのウォーキングといっても、日々の生活に取り入れて継続するのはなかなか難しいものです。
そのモチベーションを保つためにも、家族や友人と一緒に歩いたり、GWPのような目的を掲げ、みんなで結果を共有したりしてみましょう。

これからは春の季節。ウォーキングしながらお花見をしても良いですね。
季節を感じながら1万歩を目指してウォーキングに出かけましょう。


サンスター社の取り組みと果たす役割

今回はサンスター社から参加者の皆様への感謝の気持ちと、次回プロジェクトに対してのコメントをいただきました。



10月下旬からスタートした本プロジェクトは、前回のウォーキング企画の3倍ほどの期間で約2倍の参加者に約4倍の累計歩数を投稿していただきました。
その結果、東北に桜の苗木3本をお届けすることになりました。

ご協力いただいたプロジェクトメンバーの皆さん本当にありがとうございました。
参加いただいた方からは本プロジェクトが「自分たちの血糖コントロールに役立った」、「体重が落ちた」、「気分が良くなった」など、とても嬉しいお言葉をたくさんいただきました。また、今回ご協力いただいた「桜ライン311」様からも心温まるお言葉を頂戴しました。


「糖尿病という病気を抱えながら、寒い時期にもかかわらず、東北復興のために歩いていただきスタッフ一同感謝のキモチでいっぱいです。」(桜ライン311)


今後もこのような取り組みを継続して行うことでより多くの糖尿病患者の血糖コントロールの改善にお役立ていただきながら、会員の皆さんと共により良い社会を作っていくことに貢献していきたいと考えています。

「糖尿病とうまくつきあう」サイトでは、今後もウォーキングプロジェクトを継続して実施していく予定です。
宜しければ会員登録していただきますと、いち早く次回のウォーキングイベントへのご案内をさせていただきます。
ご興味のある方は是非会員登録(無料) の方宜しくお願いします。


あなたもGWPへ参加してみよう!

桜の苗木を贈る今回の企画は終了しましたが、サンスター社では、今後もGWP企画を継続していくとのことです。
参加する場合は、会員登録が必要になります。下記URLからアクセスして進んでみてください。
会員になると、いち早くGWPの情報が入手できる以外にも、糖尿病に関するお役立ち情報を数多く得ることができます。
会員同士での情報交換、糖尿病食レシピの栄養計算機能が使えるなど、たくさんのメリットがあります。


◎自分を変える、未来を変える Good Walking Project

GWPの紹介:http://digest.beach.jp/umakutsukiau/walking/
会員登録特典:https://jp.diabetes.sunstar.com/myroom/top


日々の生活の行いが糖尿病などの生活習慣病の予防や治療にはとても大切です。
日常生活にウォーキングをうまく取り入れることで、楽しみながら糖尿病や生活習慣病の予防をしていけるといいですね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

卵は体に良い!?糖尿病患者さんにうれしい最新研究結果

「卵(鶏卵)は1日1個まで」「卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くない」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。 糖尿病患者さんはコレステロール値も注意しなければならない ...

ヨーグルトは、花粉症にも糖尿病にも効く!?

厳しい寒さが次第に緩んで、ようやく春の気配を感じられるようになるとやってくる花粉の季節。花粉症の方にとっては何ともつらい季節です。 マスクやメガネ、薬など、さまざまな対策がありますが、最近注目されて ...

「夜の出勤」が糖尿病へのリスクを高める!?

日本のサラリーマンの働き方もフレックスタイム制度や裁量労働制など、最近は随分と増えてきました。 ノー残業デーなどを実施している企業もよく耳にしますよね。 ただその中で、シフト制で働く必要があり、夜 ...

糖尿病治療の最新動向!データから見る新たな合併症の罹患リスク

1889年、ドイツで膵臓を摘出した犬がもれなく糖尿病に罹るということがわかり、膵臓と糖尿病との関係が指摘されて以来、人においても治療に関する研究が世界各地で行われるようになり、現在でも研究が続いていま ...

全国でイベントが開催!2014年世界糖尿病デー

来る11月14日は「世界糖尿病デー」です。 日本だけでなく、世界中のあちこちで様々なイベントが開催されます。 ですが、世界糖尿病デーとは何なのか、どんなイベントが行われるのか、あまり知らない方もい ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病最新情報

最新記事

PAGETOP