食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】動脈疾患を招く?!インスリン濃度が高まる「高インスリン血症」とは

「高インスリン血症」とは

正常な範囲を越えて血中インスリン濃度が高くなる状態を「高インスリン血症」といいます。

・先天的な高インスリン血症
新生児期・乳児期に過剰なインスリンの分泌がみられることがあり、これによる高インスリン血症を「先天性高インスリン血症」と呼びます。この場合、先天的にインスリンの分泌が過多であるため継続的な低血糖が生じてしまい、意識障害やけいれんなど、中枢症状を含む重篤な低血糖発作が起こることがあります。中枢神経症状が続くと後遺症が残ることもあるため注意が必要です。

・後天的な高インスリン血症
先天的な場合とは異なり、後天的な高インスリン血症はインスリン抵抗性によって生じます。インスリン抵抗性が生じている状態とは、インスリンが分泌されているのにうまく働くことができない状態です。十分な量のインスリンが分泌されていても働きは十分ではありませんから、膵臓はこれを補おうとどんどんインスリンを分泌します。その結果、血中のインスリン濃度が高まってしまうのです。

もっともインスリンがいくらたくさん分泌されても、インスリン抵抗性のあるところではやはり十分な働きは見込めません。このため、インスリン濃度が高いにも関わらずその働きは十分でないという、アンビバレントな状態が生じます。

インスリン抵抗性の高まりは糖尿病の予備軍にも観察されます。多量のインスリンを分泌し続けることによって膵臓は疲弊し、やがて分泌機能が低下し、糖尿病の発症に至ります。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner