糖尿病治療の参考に。糖尿病書籍の紹介

前回の記事でも糖尿病に関するおすすめの書籍を紹介しました。

今回もPert,2として、最近出版された新刊から糖尿病の治療や予防、食事療法、運動療法などについて書かれている書籍を紹介します。

専門医が教えてくれる! 無理なく血糖値を下げる! 200%の裏ワザ 実践編 板倉 弘重

本1

糖尿病治療において、最も重要なことは血糖コントロールです。
そのためには、日々の食生活や運動習慣がとても重要。
しかし、厳しい食事制限や慣れない運動などで、逆にストレスが溜まり続けることが難しい…と感じている患者さんが多いのも事実です。

そんな糖尿病患者さんの悩みに現役医師が応える内容で、第1章 食事編、第2章 運動編、第3章 日常生活編の構成で分かりやすく説明がされています。
無理なく、簡単に取り入れられる方法ばかりが紹介されているので、血糖コントロールが上手くいかずお悩みの方におすすめの一冊です。

薬に頼らず医者が実践した糖尿病治療 山田 英生、渡邊 昌

本2

糖尿病は、病状が進んで合併症などが現れると薬物療法の必要がある場合もあり、その判断は医師によって行われますが、基本的には食事や運動など、自分の生活習慣の改善が根本的な治療です。
この本では、自らが糖尿病と20年以上向き合ってきた医師・渡邊 昌氏と山田養蜂場の代表・山田英生氏が語り合う形で、薬に頼らない糖尿病治療の実践について紹介しています。

定期的な健診や、医師の治療方針は守るべきですが、根本的な生活の見直しの面から一読の価値は十分にあるでしょう。

糖尿病が劇的改善! ジャーナリストの糖質制限奮戦記 (朝日文庫)  桐山秀樹

本3

著者・桐山秀樹氏は57歳で糖尿病を患い、この本では従来の治療法に疑問を持つところから実際の実践方法について書いています。
一人の患者としての実体験に基づく闘病記であり、著者自身の独自の見解もありますが、参考になる部分もあるのではないでしょうか。

最新版 糖尿病の基本の食事 (まいにちの健康レシピ)  金丸 絵里加

本4

糖尿病治療の基本は、何といっても食事療法。
食事療法を始めるときには、日本糖尿病学会が出版している「糖尿病食事療法のための食品交換表」を1冊準備するのと同時に、こういった基礎的なレシピ本を1冊用意しておくと便利です。
献立を考えている時間がないときなどにも役立ちます。

まずは糖尿病に関する正しい知識を身に付けて

糖尿病に関するさまざまな本が出版されていますが、糖尿病治療においては「これだけを実践していれば安心」という方法はありません。
医師の指導に従いながら、まずは糖尿病に関する正しい知識を身に付けましょう。
その上でこういった書籍から治療における実践方法を知って役立てていくことをおすすめします。

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖