【医師監修】「巻き爪」と「陥入爪」はどう違うの?

糖尿病の足病変と巻き爪・陥入爪

糖尿病に合併する神経障害では足の感覚が鈍くなり、痛みを感じにくいため、足の異常に気がつきにくく放置してしまいがちになります。また、高血糖により、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなります。さらに感染が広がるスピードも速く、いったん細菌が入ると化膿や壊死が一気に進む恐れもあります。

爪の食い込みによって傷口ができると細菌が入り込みやすくなるため、巻き爪・陥入爪は重症化しないうちに治療を受けましょう。足病変の発見と治療には、専門家によるケアが受けられるフットケア外来も設置が進んでいます。

参照・参考
巻き爪の手術療法
巻き爪&陥入爪 – わかこ皮ふ科クリニック(長野市)
巻き爪・陥入爪に対して保存的治療を選択する理由
人工爪による陥入爪の治療
爪の病気 Q7 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)
芳仁皮膚科医院|東京都江東区門前仲町|美容皮膚科 巻き爪、陥入爪、爪矯正、超弾性ワイヤー法、マチワイヤー、VHO法
登米市立登米市民病院/血管の病気Q&A/糖尿病性足病変

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖