【医師監修】「巻き爪」と「陥入爪」はどう違うの?

巻き爪とは?

「巻き爪」とは、足の爪が伸びるにつれ、内側へ向かって湾曲している状態をさします。深爪などの誤った爪切り、きゅうくつな靴・靴下などによる爪への過剰な負担が原因であると言われています。

湾曲しているだけで陥入爪を伴わない場合と、湾曲した爪が指に食い込み、陥入爪を伴っている場合があります。

陥入爪を伴わず、痛みや炎症がない場合には、必ずしも治療を要するわけではありません。
治療を要する場合には、大きく分けて保存療法と手術療法があります。

保存療法は爪を残したまま、もとの形に矯正しようとするもので、爪の湾曲部分にワイヤーを入れるワイヤー矯正、テープで引っ張るテーピング、爪の間にコットンを詰めるコットンパッキングなどの方法があります。

手術を行う場合には一度抜爪し、皮膚を切開することになります。

陥入爪とは?

「陥入爪」とは、湾曲した爪の縁が足指のやわらかい部分に食い込み、損傷を生じている状態をさします。時には損傷した部分に肉芽を伴うこともあります。「巻く」ことが巻き爪の一番の特徴であるとすれば、陥入爪はむしろこの「食い込む」点に特徴があります。

陥入爪の原因としては巻き爪と同じく、爪切りのミスや爪への負担が挙げられていますが、中でも特に深爪の関与が指摘されています。爪の縁が指先よりも長ければ、食い込むところがないため陥入爪は生じません。しかし深爪をしてしまった場合、爪の縁が皮膚のやわらかい部分にあたり、食い込みやすい状況をつくってしまうのです。

このため陥入爪の保存療法には、人工爪をつけて爪の縁を伸ばすという選択肢もあります。食い込んだ部分が痛いからと、爪の縁をどんどん短く切ってしまうのは逆効果となるためご注意ください。

重症の場合には巻き爪と同じく、手術療法を行います。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖