『時差ぼけ』が糖尿病のリスクを高める。回避する方法は?

時差ぼけが睡眠障害を招く

時差ぼけは体内時計がうまく調節できないことで発症するもので、1日の中で自分が望む時間に睡眠がとれず、日常生活の活動に困難をきたしてしまう状態を指すものです。睡眠医学では『時差症候群』と呼ばれています。

時差ぼけを発症する代表的な例としては、海外旅行に行った場合があげられます。

時差がある遠い場所まで飛行機で移動すると、体内時計は元いた地域の時刻のままになってしまい、到着した地域の時刻に合わせることができず、体内リズムが乱れてしまいます。その結果、日中なのに眠気に襲われたり、夜になっても眠れない一過性の不眠におちいったりと、さまざまな睡眠障害を起こしてしまう可能性があるのです。

時差ぼけの症状は、海外に行った時だけに起きるものではありません。土日や連休などの期間に夜ふかしをしたり、いつもより多く眠っている人は、たっぷり休んだのに疲れがとれないことがあります。これも体内リズムの乱れによって起こる症状で、『社会的時差ぼけ』と呼ばれています。

時差ぼけによって深刻な睡眠障害におちいると、代謝に影響をおよぼして肥満や2型糖尿病を発症のリスクが高まります。こうしたリスクを回避するためには、睡眠の習慣に気をつけることが大切です。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖