【医師監修】油断禁物!「糖尿病予備軍」の実態とそのリスクとは?

「糖尿病予備軍」とは?

平成28年に厚生労働省が行った「国民健康・栄養調査」では糖尿病および糖尿病予備軍の数が集計され、それぞれ1,000万人あまりが該当するとの結果が示されました。この調査において「糖尿病」に該当するのは「糖尿病有病者」であり、HbA1c値が6.5%以上の者、または「糖尿病の有無」について「有」と回答した者であるとされています。一方「糖尿病予備軍」に該当するのは「糖尿病の可能性を否定できない者」であり、HbA1c値が6.0%以上6.5%未満の者をさします。そう、「糖尿病予備軍」とは血糖値が正常値の範囲を越え、糖尿病との中間的な領域に踏み込みつつある状態をさすのです。糖尿病のリスクが高い生活習慣を送っていても血糖値が正常値の範囲内にある人は、この意味での「糖尿病予備軍」にはあたりません。

「境界型糖尿病」とは?

「糖尿病予備軍」と同じように、血糖値に異常がみられるものの糖尿病には至っていない状態をさして「境界型」糖尿病と呼ぶことがあります。「境界型」にあたるのは空腹時血糖値が110mg/dl以上126mg/dl未満の状態、および75gブドウ糖経口負荷試験の2時間値が140mg/dl以上200mg/dl未満の状態をさします。

血糖値が境界型の範囲に含まれる人には、糖尿病を発症する手前の状態にある人ばかりでなく、すでに糖尿病の診断を受けた後、血糖コントロールによって血糖値が低下してきた人や、ストレスなど糖尿病以外の原因で一時的に血糖値が上がった人など、さまざまなケースがあります。もっとも、糖尿病であるとの診断は受けていないものの、肥満や高血圧など生活習慣病の要因を有している人が境界型の診断を受けた場合は、糖尿病の兆候として一次予防の緊急性が高いといえます。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖