糖尿病コラム

見過ごせない糖尿病の重大リスク「神経障害性疼痛」について


神経障害性疼痛に備えるためには?

現在、神経障害性疼痛に悩まされている糖尿病患者さんに対しては、薬物療法による糖尿病性神経障害の治療が行われています。軽い痛みやしびれの場合は、アルドース還元酵素阻害薬(ARI)が処方されます。ただし、この薬は神経障害の抑制に効果があるものの、疼痛自体を改善できるわけではありません。主に痛みに悩まされている糖尿病患者さんの場合は、糖尿病性神経障害が原因の疼痛に有効な鎮痛薬や、抗うつ薬が用いられることがあります。

生活習慣に注意して、糖尿病性神経障害の進行を防ぐことも、神経障害性疼痛に備える大切な対策です。重症でなければ、神経細胞にダメージを与えるソルビトールという物質を取り除いたり、血液の流れを良くして酸素や栄養が神経細胞に行き渡るようにすると、神経障害は改善できます。そのため適切な食習慣や運動を心がけて、良好な血糖コントロールを行うことが重要視されています。

また、糖尿病性神経障害が進むと感覚が鈍くなり、逆に痛みやしびれを感じにくくなる可能性があります。この段階になると傷や火傷を負ってもすぐに気付かなくなり、さらに高血糖の影響で傷が治りにくくなるために、潰瘍などの足の病気が起こってしまうかもしれません。これが進行すると、最悪の場合は足を切断しなければいけなくなってしまいます。

こうした深刻な状態を防ぐために、日頃から足のケガや靴ずれ、爪の状態をチェックすることも、糖尿病患者さんにとって大切な取り組みです。

現時点で糖尿病患者さんが神経障害性疼痛に備えるために大切なのは、入念な血糖コントロールを行い、原因である糖尿病性神経障害を改善することです。神経障害による痛みと、足病変という深刻な症状を防ぐためにも、医師の指導などの正しい情報にもとづいて、早い段階から適切な治療を行いましょう。

参照・参考
知っておきたい糖尿病と痛み│糖尿病に伴う神経障害
知っておきたい糖尿病と痛み│疼痛とは
コツコツ骨ラボ│骨にたいせつなゴールデン・トライアングルとは

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

新着糖尿病レシピ

中華風豆乳鍋

198kcal

5.7g

1g

さつまいものごま団子

99.9kcal

1.5g

0.05g

その他の記事

男性糖尿病患者さんは高確率で経験。EDと糖尿病の関係は?

男性特有の病気であるED(勃起障害)は血糖コントロールと関係しており、男性の糖尿病患者さんは特にリスクが高いと考えられています。 NIDDK(米国国立糖尿病・消化器・腎疾患研究所)が行った調査で ...

乾燥シーズンの到来! 糖尿病と皮膚トラブルの関係は?

空気が乾燥する冬は、暖房器具などの影響も加わり皮膚が乾燥しやすいシーズンです。特に糖尿病患者さんの場合皮膚が乾燥しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいので注意が必要だといえます。 今回は、糖尿病と ...

糖尿病が危険因子!? 糖尿病とすい臓がんの深い関係

日本人の死亡原因第1位であるがんは、糖尿病患者さんに限らず注意が必要な疾患です。なかでもすい臓がんは自覚症状が現れにくく、早期の発見が難しいがんだとされています。じつは、糖尿病患者さんはすい臓がんを発 ...

糖尿病はインフルエンザのリスクにも影響。予防接種で対策を

冬に流行をみせるインフルエンザは、誰にとっても注意しなければいけない症状です。特に、糖尿病患者さんの場合は、その症状のリスクが高いことが知られており、入念な予防が欠かせません。 ワクチンの予防接 ...

動脈硬化対策にウォーキング。継続するメリットとは?

糖尿病患者さんにとって、大きなリスクである動脈硬化。そのリスクを低減する生活習慣の一つがウォーキングをはじめとする有酸素運動です。   今回は、動脈硬化のリスクをおさらいしつつ、人間の脳や感覚、身 ...

命に関わるCKD。積極的なチェックで対策を

近年、CKD(慢性腎臓病)という疾病概念が新たに提唱され、この対策が急務の課題として位置づけられました。腎臓の病気が以前よりも深刻なものと考えられるようになった背景には、糖尿病の合併症である糖尿病性腎 ...

< 一覧へ戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
ニュースレター登録
糖尿病とうまくつきあう

糖尿病レシピランキング

人気記事

糖尿病コラム

最新記事

PAGETOP