【医師監修】早期発見が不可欠!「末梢動脈疾患」「閉塞性動脈硬化症」について知ろう

「末梢動脈疾患(PAD)」「閉塞性動脈硬化症(ASO)」とは?

末梢動脈疾患とは、手足の動脈が狭く細くなってしまい、血液がうまく流れなくなることによっておこる疾患をさします。糖尿病とも関わりの深い疾患です。

末梢動脈疾患の大半は血管の動脈硬化によって起こる「閉塞性動脈硬化症」であるため、2つの名称はほぼ同じものとして用いられています。なお、閉塞性動脈硬化症と同様の症状を生じる「バージャー病」と呼ばれる疾患もあります。こちらは主に喫煙者に発症する疾患ですが、はっきりした原因はわかっていない難病です。

末梢動脈疾患の進行

末梢動脈疾患の症状は、Fontaineの分類をもとに4段階に分けて示されます。もっとも、症状は必ずしも段階を追って進行するわけではなく、突然重い症状が現れることもあります。

1. 軽度虚血…足がしびれたり、冷たく感じます。
2. 中等度虚血…足が硬直したり、ふくらはぎが痛んだりして歩きにくくなる間欠性跛行が生じます。
3. 高度虚血…じっとしている時も足が痛む、安静時疼痛が生じます。
4. 重症虚血…手足に潰瘍ができ、壊死することがあります。

末梢動脈疾患そのものの進行が危険であることに加え、動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞などの原因ともなります。症状が軽いうちはなかなか気がつかず、受診したときには重症化している傾向もあります。早期発見のため、手足の違和感を見逃さないようにしましょう。

軽度虚血の段階で生じるしびれなどの症状は脊柱管狭窄症の症状と似ているため、見分けが必要な場合があります。立っているだけよりはかがんだりと特定の大尉で痛みが出現します。足の脈拍が感知できるのに対し、末梢動脈疾患の初期症状では歩いた時だけ痛んで少し休むと痛みはおさまり、足の脈拍は弱いかほとんど触れられない、といった違いがあります。

末梢動脈疾患の検査

末梢動脈疾患の診断には、ABI検査が用いられます。これは両腕・両足の血圧を同時に測定し、比較することによって、下肢の血流が悪くなっていないかどうかを簡便に調べるものです。

他にも超音波検査や造影剤を使った血管造影検査、CT検査などにより、血管の詰まり具合を診断します。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖