【医師監修】妊娠中に糖尿病になることがある?「妊娠糖尿病」について知ろう

運動の習慣が妊娠糖尿病のリスクを下げる

妊娠時には糖尿病でなくとも血糖値が高くなりやすく、また、赤ちゃんのことを考えるために生活習慣も自然とセンシティブなものになります。しかし、妊娠時だけでなく普段から運動の習慣をつけておくことが、長期的にみて妊娠糖尿病のリスクを低下させることになると示す研究が発表されました。

2018年3月にパブリッシュされたアイオワ大学の研究では、1985-86年の時点で糖尿病を発症していなかった女性1,333名を対象に、2011年までの25年間をフォローする調査を行いました。身体活動に関する質問紙調査に加えて体力テストが行われ、基準年である1985-86年時点にさかのぼって運動の習慣が調査されました。
この調査の結果、妊娠前から強度のある運動習慣をつけていた群は、そうでなかった群に比べて妊娠糖尿病を発症するリスクが21%低かったことが示されました。

研究に参加したひとりであるErica P. Gundersonは、妊娠前の段階における代謝異常のリスクの増幅が、妊娠糖尿病の発症につながっていることを警告しています。妊活のスケジュールは、適度な運動を含めた生活習慣の見直しを合わせて考える必要がありそうですね。

参照・参考
Pre-Pregnancy Fitness and Risk of Gestational Diabetes: A L… : Medicine & Science in Sports & Exercise
Improving fitness before pregnancy could lower gestational diabetes risk
診断のための検査-検査値 | 糖尿病がよくわかるDM TOWN
妊娠と糖尿病 | 糖尿病情報センター
糖尿病診療ガイドライン 2016 17 妊婦の糖代謝異常

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖