食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】妊娠中に糖尿病になることがある?「妊娠糖尿病」について知ろう

妊娠時に発見される糖代謝異常にはどんなものがある?

妊娠中に糖尿病にり患している、という場合、以下の3つのパターンが考えられます。

1) 妊娠前から糖尿病が存在し、診断されている場合:
糖尿病合併妊娠(preexisting diabetes)
2) 妊娠中に初めて糖代謝異常が発見された場合:
①妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus : GDM)
②妊娠時に診断された明らかな糖尿病(hyperglycemic disorders in pregnancy)

糖尿病合併妊娠は、糖尿病であると診断されている方が妊娠した場合にあたります。
さらに、明らかな糖尿病網膜症を発症している場合もこれにあたります。

妊娠前には見つからなかった糖代謝異常が発見された場合は、さらに状態によって診断が異なります。

「妊娠時に診断された明らかな糖尿病」にあたるのは、かくれていた糖尿病が発見された場合です。
また、稀にではありますが、妊娠中に初めて1型糖尿病を発症し、これが見つかる場合もあります。

いずれの場合も、明らかに糖尿病を発症している状態であることは変わりません。

一方の「妊娠糖尿病」は、妊娠中に初めて発見され、かつ、いまだ糖尿病発症には至っていない段階にある糖代謝異常をさします。日本産科婦人科学会および日本糖尿病・妊娠学会では、下記の診断基準で両者を判断しています。

① 「妊娠糖尿病」の診断基準
75gの経口負荷試験(OGTT)において、以下の項目のうち1つ以上を満たした場合
(75gOGTTでは、75gのブドウ糖を水に溶かしたものを飲み、ブドウ糖負荷後、30分後、1時間後、2時間の血糖値をそれぞれはかります)
・空腹時血糖値が92mg/dl以上
・1時間値が180mg/dl以上
・2時間値が153mg/dl以上

② 「妊娠時に診断された明らかな糖尿病」の診断基準
以下の項目のうちいずれかを満たした場合
・空腹時血糖値が126mg/dl以上
・HbA1c(NGSP)が6.5%以上

(引用:糖尿病診療ガイドライン2016:日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner