【医師監修】この痛みって「神経痛」なの?~「坐骨神経痛」「肋間神経痛」の特徴について

神経痛って、どんな痛み?

単に「腰が痛い」といっても、筋肉が炎症を起こしているなど、いろんな場合がありますよね。
「坐骨神経痛」「肋間神経痛」の痛みには、どんな特徴があるのでしょうか。

・坐骨神経痛
腰のあたりからお尻、太ももを通り、足先までつながり、下半身全体に及ぶ神経を「坐骨神経」といいます。
坐骨神経は人体で最も太く長い神経であるといわれています。

腰やお尻、太ももの後ろ、ふくらはぎ、足先と、この神経に沿った部分にピリピリした痛みが走る症状が「坐骨神経痛」です。
痛みの箇所は腰だけでなく、下半身全体を含む幅広い範囲にわたります。

・合併症以外の原因
坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のため、神経が圧迫されることでも起こります。
ふくらはぎがしびれるように痛い…腰やお尻の中が痛いようなのだけど、いまいち痛みの箇所が特定できない…という曖昧な痛みが起こることもあります。

・肋間神経痛
「肋間神経」は、左右12対からなる肋骨の間を走る神経です。

「肋間神経痛」はこの神経に電気が走るような鋭い痛みが生じます。
痛みは背骨から左右いずれかの肋骨に沿って起こり、肋骨の両側が同時に痛むことはありません。

肋間神経痛はどこが痛いのかが比較的はっきりしていて、明確に肋骨に痛みを感じます。
範囲がはっきり特定できず、冷や汗を伴うような胸の痛みがある時には、心肺の疾患が隠れていることがあります。
この場合はすぐに病院を受診してください。

・合併症以外の原因
肋間神経痛は風邪をひいたときや帯状疱疹の後にも起こります。
帯状疱疹ウイルスによって起こる肋間神経痛はよく知られており、皮膚表面にジクジクした痛みが持続します。
呼吸をしたり、しゃべったりしたとき、また咳やくしゃみをしたときにも鋭く痛むことがあります。

神経痛の治療には、痛みをおさえるための経口薬や神経ブロック注射が使われます。

参照・参考
肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう) 病名から探す| 社会福祉法人 恩賜財団 済生会
胸の痛み|痛散湯(つうさんとう)|漢方の再春館製薬所
肋骨骨折|一般社団法人 日本骨折治療学会 骨折の解説
神経痛(三叉神経痛・肋間神経痛・坐骨神経痛)
坐骨神経痛 | 腰痛の専門医による安心アドバイス
糖尿病性神経障害|病気と治療の講義室|患者さんとご家族の皆さまへ|小野薬品工業株式会社
糖尿病性神経障害|病気と治療の講義室|患者さんとご家族の皆さまへ|小野薬品工業株式会社
坐骨神経痛|症状|原因|改善方法|腰椎椎間板ヘルニア|腰部脊柱管狭窄症|変形性腰椎症
わかりやすい病気のはなしシリーズ1 糖尿病性神経障害

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

突然ですが、問題です。

日本人で糖尿病の可能性がある人はどのくらいいるでしょう?
1. 6人にひとり
2. 9人にひとり
3. 13人にひとり

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖