食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】かみ合わせのズレが糖尿病を悪化させる?「咬合関連症候群」とは

インスリン分泌はかみ合わせの影響を受ける?

かみ合わせの不具合はインスリン分泌そのものにも影響を与えます。そもそも糖尿病の患者さんはそうでない人に比べて咀嚼能力が低下していると言われ、咀嚼能力の高い患者さんは低い患者さんに比べて血糖コントロールが良好であるとの研究報告もあります。かみ合わせがしっかりしていると食物をしっかりかみくだいて食べることができることも、血糖コントロールが重要です。

また、かみ合わせに問題のない人(正常咬合者)と問題のある人(非正常咬合者)を比べた実験では、正常咬合者の方がインスリンに対する高い感受性を持つ結果が見いだされ、咀嚼の良否がインスリン分泌に影響を与える可能性も示唆されています。

良好な血糖コントロールのためには口の中を清潔にしておくことはもちろん、かみ合わせの整備もまた、口腔ケアのひとつとして覚えておいてください。

参照・参考
| 咬合関連症とは| 抜かない噛み合わせ治療 | 噛み合わせ | かみ合わせ治療 | 長坂歯科| 噛み合わせと全身健康 | 歯科医院 | 東京都港区 | JR山手線・田町駅前 |
歯周病と糖尿病の深い関係 | 糖尿病情報センター
歯周病の原因 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会
咀嚼とインスリン分泌に関する研究
咬合状態の違いが摂食時のインスリン分泌に及ぼす影響

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner