食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】かみ合わせのズレが糖尿病を悪化させる?「咬合関連症候群」とは

「咬合関連症候群」とは

かみ合わせが悪いと噛みやすい方ばかりで咀嚼するクセがつきます。そして片側だけで噛む生活を続けていると、この偏りに引っ張られて全身のバランスが乱れ、筋肉に緊張が生じます。このため肩こりや頭痛などが生じ、体のズレを補正する負担から腰痛が生じることもあります。かみ合わせの不具合はまさに、体全体に影響をおよぼすのです。こうしたかみ合わせに関連する全身症状を総称して、「咬合関連症候群」と呼んでいます。

かみ合わせのズレは歯周病を悪化させる?

咬合関連症候群は、口腔管理の問題を通じて糖尿病の症状にも及びます。かみ合わせが悪いと口がしっかり閉じにくく、気づかない間に口を半開きにして過ごしてしまうことがあります。その結果口腔内が乾燥しやすく、雑菌が唾液で流されずに繁殖することで歯周病を発症しやすくなります。

かみ合わせのズレによって一部の歯だけに強い力がかかると部分的に歯が摩耗しやすくなり、ここからも歯周病が生じる可能性があります。

糖尿病の患者さんは免疫力が低下しているため歯周病を発症しやすい状態にあります。また歯周病にかかると炎症性の物質が分泌されることでインスリン抵抗性が生じ、血糖コントロールが困難になります。こうした負のスパイラルを止めるためにも、口腔のケアは重要なものです。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖
×BannerBanner