食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】かきこわし厳禁!「とびひ」は大人にも発症する?

「とびひ」は「飛び火」

「とびひ」の名称は、火事の際に火の粉が飛んであっという間に火の手が広がる「飛び火」に由来すると言われます。その名のとおり、ぽつぽつとした小さい水疱が全身に「飛び火」し、急速に広まっていくのが特徴です。水疱が破れて周囲の皮膚に付着し、次々に水疱ができていくのです。

乳幼児に多い「水疱性膿痂疹」

とびひは正式には「伝染性膿痂疹」と呼ばれ、大きく分けて「水疱性膿痂疹」と「痂皮性膿痂疹」の種別があります。このうち乳幼児に多いのは「水疱性膿痂疹」です。

水疱性膿痂疹は、主に黄色ブドウ球菌によって引き起こされます。黄色ブドウ球菌は皮膚や鼻孔に常在している菌ですが、これが虫刺されやあせものかきこわし、あるいは傷口から体内に入り込んで発症します。

水疱性膿痂疹は、ぷよぷよした小さな水疱から膿のある膿疱へと進行します。水疱は破れやすく、破れた水疱の周りはただれて「びらん」となります。水疱の内容物やびらんからにじみ出る汁は感染のもとです。

大人にも発症する「痂皮性膿痂疹」

痂皮性膿痂疹は年齢や季節を問わず発症し、成人にも見られる「とびひ」です。水疱性膿痂疹とは異なり、固い痂皮(かさぶた)が特徴です。黄色ブドウ球菌および溶連菌によって発症します。

痂皮性膿痂疹では皮膚に小さな赤い腫れ(紅斑)が現れ、やがて膿疱が生じます。膿疱が破れると厚い痂皮ができます。水疱はあまりみられません。リンパ節が腫れたり、のどの痛みや発熱が生じることもあります。

痂皮は固まってはいますが、感染力がないわけではありません。強い接触などによって痂皮が圧迫されると膿汁がにじみ出し、次の場所に感染するため注意が必要です。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病の症状

記事一覧を見る

糖尿病コラム

記事一覧を見る

糖尿病最新情報

記事一覧を見る

糖尿病セルフチェック

記事一覧を見る
予防 体験談 原因 検査 糖尿病 血糖